==== 広告 ====

下げは下げきるまで行く

  05, 2018 08:41
◆自分へbot

下げがはっきりしている時は、中途半端なところで買ってはいけない。
途中でリバウンドはあっても、必ず下げきるまで行くと考えておきたい。
節目とか半値とか理由のあるところまでは行くと考える。
しかもオーバーシュートするし、底の確認は2回以上はあるもの。
底狙いせず、完全な反転を確認すること。
それからでもOK。




広告



トラコミュ
日経225先物 トレンド分析
日経225先物トレード検証と実践
日経平均先物オプション市場の戦略戦術
相場生活


♪ 読んでいただいて、ありがとうございます。
ポチポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 先物取引ブログへ