==== 広告 ====

現状のまとめと、12月30日からの作戦

  29, 2013 09:20
◆ 2013年 12月29日 08:37 現在

20131230-02.gif
データの説明はこちら を確認してください。

◆ 応援クリック、お願いします。
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ


今年も大納会を残すだけになりました。

日足で見ると、12月18日に長い陽線を作って反発した後は順調に上昇。
途中、5日線を試す場面が2回ありましたが、サポートとして機能することを確認した形ですから、ホントにしっかりしたトレンドを形成していると思います。

範囲線で見ると、通常範囲の上限をまたぐようなローソク足が続いています。
これも明確なトレンドが発生している時の特徴で、とにかく買いから入れば利益になる事が分かると思います。

現状で、5日線との乖離が+0.7%、25日線との乖離が+3.8%ですから、ここからは過熱感はないと判断します。
ただし、オシレータ系は、↓こんな感じ。
20131230-03.gif

すでに反落し始めています。
しかし、赤枠で囲んだところのように、指数は下げても大きな下落ではなく足踏み程度で再上昇する事もあるので、今は 「ちょっと勢いは鈍ってきた」 程度に考えておくのがいいかも知れません。
私は、まずトレンド判断が基本で、オシレータ系は勢いやリズムを確認する補助的なものだと思っています。

5分足も見ておきます。
20131230-04.gif
・クリックすると拡大表示します。

白線が5分足ベースで見た節目だろうと考えています。
たくさん書き込みましたが、重要なのはAラインで、これが26日の安値16,060円のところです。
一度は、ここがサポートになる事を確認していますから、もしここを割って来たら、警戒する必要があると思います。
通常範囲の下限も、この少し下になると思います。

もちろん直下は5日線で、これより上にいる限り、トレンドにはなんら問題はないと思っています。
さらに、5分足では赤線のチャネルが機能しているようで、この下限Bラインも、おそらく5日線辺りになると思いますから、要注目です。

しかし、最終日はいろんな思惑なども入り混じるでしょうから、あまり事前に作戦を立てても意味がないかも知れません。
基本は買い中心で行くつもりですが、臨機応変に対応すべきでしょうね。


現在の売買シナリオは ⇒ 人気ブログランキングへ


トラコミュ
日経225先物 トレンド分析
日経225mini(日経225ミニ)
日経225先物(日経平均先物)
日経平均先物オプション市場の戦略戦術
日経225先物スイング



広告




0 Comments

Post a comment