==== AD ====

最新記事一覧

Archive: 2015年10月  1/27

月足・週足も踏まえて現状を確認しておく

◆ 月足上昇チャネルは維持しているが、直近は半値戻りまで来た状態。一目均衡表からも重要な節目に到達し、ここが正念場と言えるところ。◆ 週足以前のサポート点付近で跳ね返されそうになっているのが分かる。下向きの21週線にも突き当っているし、一目均衡表でも基準線と雲の上限が重なる辺りに位置している。◆ 日足急落後の最初の戻り高値付近に到達。5日線を割り込んでくるようだと、一旦は25日線方向への動きが考えられる。...

  •  -
  •  -

また横ばいになって来た、今度は注意したい

範囲線の傾きが寝て来て、横ばいになりそうな感じ。四角で囲んだ時のように、サッと調整してすぐ戻して行った時とはちょっと様子が違う感じがしています。紫線の辺りが日足ベースのサポートラインのようですから、これを割れて来るのかに注目しておきたいと思います。このあとの記事では、月足・週足・日足のチャートを見ながら大きな流れも考えておきたいと思っています。   ...

  •  -
  •  -

10/30のツイートまとめ

clix225f なんか一瞬下げてから戻って来るって考えのひとが多いみたいだ。私もそう思っているのだが、そう考える人が多いとそうならない気もする。なので、*****で行こう。(てきとう) 10-30 12:15 買いたい人が多そうだから、2段下げもあると思っていたが、来ないのか?一段目は節目割れのいいところで買えたので良しとするか。 10-30 12:43 60分足チャートの節目で言うと、こんな感じ。 https://t.co/x1jBNPd1lD 10-3...

  •  -
  •  -

どっちつかずは小負けを繰り返す

No image

◆自分へbot信念を持ってやれば勝てる可能性はある。もちろん大負けする事もあるだろうけど、それでも勝つ可能性のある方を選ぶ。どっちつかずは小負けを繰り返すだけだ。     ...

  •  -
  •  -

分析結果は答えではない

No image

◆自分へbot分析と言うのは、データなどから何かを発見するために行うのでなく、データなどを基に立てた自分の仮説が正しいかを検証する行為だ。つまり分析は、主観を客観的に整理するもので、分析で正解を探すことは出来ない。分析結果は判断の材料のひとつでしかないのだ。   ...

  •  -
  •  -