==== AD ====

最新記事一覧

category: 売買戦略関連  1/9

静的トレードを意識する

No image

値動きを追う動的トレード ↓予めターゲット価格を決めた静的トレード静的トレードの利点・値動きに翻弄されない・IN-OUTが常に一体で迷いがない・トレード回数が減る・待つことに明確な目的が出来る・PCの前にずっと居る必要がないこれは範囲線があれば出来るはずだと思っている動的トレードは、相場のシナリオの中で自分がいかに上手く立ち回れるかということ静的トレードは、自分のシナリオに相場が一致した時だけトレードする...

  •  -
  •  -

日足と分足でのトレード戦略

日足は明確に上昇中ですが、すでに最大範囲の上側基準線も超えている状態ですから、短期的にはちょっとオーバーシュート感があります。そして30分足では、深夜4時の足から売りマークが点灯。つまり上昇トレンド中ですが、その中の上下動としては下向きになっているという解釈になります。もちろんどこまで下げるかは分かりませんし、このまま下げて日足も陰転するかもしれませんが、それは今の段階では分からないこと。ここで重要...

  •  -
  •  -

買う理由は簡単明瞭

赤のサポートラインが上昇中だから買う。理由はそれだけ。逆に青のレジスタンスラインが下落中なら売るだけ。簡単でパッと見でわかる。これが一番いいと思っている。...

  •  -
  •  -

範囲線基準のトレード戦略

【範囲線チャートの基本戦略】◆ローソク足の実体部分が通常範囲(青線)をまたぐ時⇒トレンド発生中と判断⇒トレンド方向に片張り⇒通常範囲の外側で始まった時は短期逆張りもあり◆それ以外の時⇒保ち合い中と判断⇒通常範囲で逆張り ...

  •  -
  •  -

株価が跳ねるポイントをさがせば効率がいい

私は今までも株価は移動平均のように波状に動いているのではなく、レンジとレンジブレイクを積み重ねて階段状に動いていると書いて来ました。今の分足の動きを見るとすごく分かりやいですよ。で、どんな条件で跳ねてるかを探せば効率良く取れます。(上手く行けばだけど・・・) ...

  •  -
  •  -