==== 広告 ====

category: 投資について  1/64

標準木を決める

No image

「木を見て森を見ず」という言葉がある。小さなこと・目先のことばかりに気を取られて、全体を見ていないという意味。全体を見なければいけないという戒めだ。相場においても、これはとても重要なことだと思う。しかし実際は難しい。全体を見ると玉石混交だし相反する事象もあるのが普通で、それらを正しく分析して結論を出すには、広範囲にわたる高い能力が必要だからだ。私のレベルでは森を見るのはむしろ迷うもとになってしまう...

  •  -
  •  -

大きな流れには逆らわない

この先のことは分かりませんが、今現在は上向き。ただし、すでに通常範囲の上側基準線を超えてるので、私はこの位置で新規には買わないようにしています。買いポジがあるなら、上にタッチしたら利食います。そして基本的にドテン売りはしません。した方がよかった、と言うことが多いのですが、私は大きな流れに逆らわないように気をつけています。なぜなら、そろそろ逆に行くだろうと考えて流れに逆らうと、「そろそろ」 という気...

  •  -
  •  -

私にとっての基本中の基本

No image

  •  -
  •  -

大きなちからを利用する

流れに乗ることを考えるか。流れに逆らってリバを期待するか。流れに乗るというのは、大きなちからを利用すると言うことだと思ってる。...

  •  -
  •  -

範囲線的に2018年の高値安値を試算してみた-途中経過

私は年初に 「範囲線的に2018年の高値安値を試算してみた」という記事を書き、高値 24,757円安値 19,872円という結論を出しました。で、現在の状況はこれ。なかなかいい感じですが、高値安値ともにもうちょっと先がありそうな感じ。参考記事「範囲線的に2018年の高値安値を試算してみた」「2018年の節目を想定 (説明あり)」も合わせてどうぞ。...

  •  -
  •  -