==== AD ====

最新記事一覧

category: 投資について  1/32

失敗をメンタルのせいにするな

No image

よくトレードに感情がジャマだって言うひとがいるよね。私はその意見には賛成できない。感情のせいにする前に、自分のやり方が確立してるか考えてみて。そもそも、何かのせいにしてるようでは、それは単なる八つ当たりで、それが原因ではないよ。何かのせいにするっていうのは非難しているだけで、問題を解決しようする向き合い方じゃないと思うわけ。本当に感情が問題でそれを克服したいなら、因果関係を明確にしてどう直すかを考...

  •  -
  •  -

チャートで未来は分からない

チャートで未来のことは分からないが、今 買うのがお得か、売るのがお得かは分かる。サポートラインが上向きの時は買いのみ、決して売らない。 レジスタンスラインが下向きの時は売りのみ、決して買わない。余計なことを考えるから失敗するんだ。 ...

  •  -
  •  -

どんなチャートを見るかでトレードスタイルは決まる

ひとは見ているものに影響される。どんなチャートを見るか、何を拠り所にしてトレードするか、これはとっても重要だと痛感。例えばストキャスとかRSIみたいなオシレータ系を見てるひとは逆張りしたくなるだろう。トレンドに乗って順張りしたいと思うなら、これらを見るべきではないと思う。私も通常は見ていないし、以前自分で作っていたオシレータ系チャートもやめた。自分のスタイルに合ったものを選ぶのが基本だけど、実は選ん...

  •  -
  •  -

私の相場心得

No image

私の相場心得1 : 笑顔でトレードする2 : 冷静に考え、ちょっとテンション高めで行動する3 : 反省は一瞬、回顧はじっくり4 : 自分の考えに固執しない、自分のポジションに執着しない5 : 嫌な予感には従う6 : 買い方と売り方、今どちらが苦しいかを考える7 : 勢いに逆らわない8 : 相場と戦わない、ひとと競争しないトレンドがある時は、特に 2 : 6 : 7 かな ...

  •  -
  •  -

相場の基本はレンジだ

相場はトレンドを形成しながらも、その中では細かな上下動を繰り返す。上下の節目をテストしてブレイクできるかを試すのだ。そういう観点で見ると範囲線チャートは、レンジの移動という形でトレンドを見ていると言える。私にとっては、範囲線が機能する動きである限り、それは範囲線で定義したレンジの動きだとも言ってもいい訳だ。私は基本的にトレンドフォロワーだと思っているが、範囲線を活用するなら、ほとんどの場合は範囲線...

  •  -
  •  -