==== 広告 ====

category: 投資について  1/68

2019年の高値安値を試算してみた (現状確認)

年初に今年の日経平均の高値安値を範囲線的に試算して公開しました。その記事は ⇒ 「2019年の高値安値を試算してみた (確定版)」ちなみに、2017年・2018年の試算値と結果検証は下記にあります。範囲線的に2017年の高値安値を試算してみた2017年の高値安値試算値を検証範囲線的に2018年の高値安値を試算してみた2018年の高値安値試算値を検証ここでは2019年版の今日 (2019年10月22日) 現在の状況と考察をしてみます。まずはA範...

  •  -
  •  -

もっと上がる (もっと下がる) って思うところで利食いたい

No image

ここまで上昇してくると、ここから買うのはリスキーだと思えて来ます。でも買いにくい時ほどさらに上がることもありますね。逆にみんなが 「もう買うしかない」 ってなって買ってしまうと、もう買う人がいなくなってそこが天井になる。買いにくいうちはまだ買いだと思ってます。結果は知らんけど。すでに買っている人は 「もっと上がれ・上がるはず」 って言う。上がって欲しいから。買いたいけどまだ買えていない人は 「押して・...

  •  -
  •  -

方向とタイミング

チャネルは上向き、リズムは下向き方向とタイミング(あるいは位置)見た通り上がったり下がったりしながら、上がったり下がったりする自分のトレードの時間軸をしっかりしていないと迷いが出る...

  •  -
  •  -

水準訂正の初動になるのか

チャートで長い足が出るというのは、相場が新たな水準を探ろうとする意思表示だと思っています。つまり水準訂正の初動だと。(厳密には翌日の動きも含めて一過性でないと判断したら自分の中では確定)で、水準訂正なら普通はその先にある節目をテストしに向かうと思います。もちろん、一直線に動く訳ではない。相場はいつだって、上がったり下がったりしながら、上がったり下がったりするもの。その動きは範囲線だと分かりやすい。...

  •  -
  •  -

レンジと水準訂正の組み合わせ

過去にも何度も書いているけど、今回も分かりやすいチャートになったので記録しておきます。私は相場は移動平均のように波状に動いているのではなく、レンジと水準訂正 (移動) の組み合わせで構成されていると思っています。...

  •  -
  •  -