==== AD ====

最新記事一覧

category: 投資メモ  1/2

範囲線的に2018年の高値安値を試算してみた

2018年の日経平均年足の通常範囲の上下を試算してみました。試算条件は、12月29日の先物ナイトセッションの数値を2018年1月4日の日経平均の値として代用しました。公開している範囲線チャートは、↓ こんな感じ。すでに通常範囲の上側基準線を超えている状態。上昇トレンド時は通常範囲の上側基準線をまたぐ形になりますから、上は最大範囲の上側基準線まで考えていいと思っています。下は過去の傾向から見ると範囲基準線前後のよう...

  •  -
  •  -

2018年の節目を想定 (説明あり)

過去の上昇 (赤矢印) は3つとも同じ長さで傾きも同じ。つまりほぼ同じ上昇を重ねて来ているということ。そして今回は値幅的にはすでに過去2回と同じだけ上昇している。ということはここから一回は押すターンがあるのではないかと思っているわけ。で、過去の押しを見るとピンク矢印と緑矢印なので、これぐらいの押しは想定できる。ピンク線≒21000円緑線≒17000円(f)さらに直近急上昇前にもみ合っていた2万円辺りにもレジスタ...

  •  -
  •  -

2018年の節目を想定

チャートを見れば分かる通りなので解説はしない。重要なのは予想ではなく、節目を想定しておくことだと思っている。予想なんかトレードには役に立たない、とも思っている。 ...

  •  -
  •  -

2017年の年足確定

今年の1月2日に「範囲線的に2017年の高値安値を試算してみた」という記事を書きました。そこで出した私の結論は、高値 22,654円安値 18,141円そして結果は、高値 23,382円 ⇒ 728円差安値 18,224円 ⇒ 83円差なかなかいい線だったと思います。公開している範囲線の最終結果は、ローソク足の実態部分が通常範囲の上側基準線をまたぐ形が復活し、年足としては明確な上昇トレンドの一年だったと言えます。さらに1月2日の時点で...

  •  -
  •  -

私は、板の厚い方に動くと思っている

No image

私は、板は厚い方に動くと言う考え方です。例えば、一般には買い板が厚ければ下は堅いと考えるでしょうが、私は逆ですね。■ 続きがあります。  ...

  •  -
  •  -